一部のマップアプリでくまくま園までのルートが検索できない問題が発生しています。周辺のアクセスマップを更新しましたので参考にしてください。

施設概要

くまくま園正門

沿革

マタギの里 熊牧場 平成元年(1989年)~
くまくま園のある奥阿仁地区は阿仁マタギで有名な地域であり、マタギにとってクマは山の神様から授かる特別な動物でした。
はじめは秋田県内で親ぐまが有害駆除され、残された子ぐまを飼育していました。
平成元年の建設当時には全国から親ぐまをなくした子ぐま受け入れていました。
現在園にいるクマは、園内で繁殖したクマがほとんどです。

北秋田市くまくま園 平成26年(2014年)~
2012年秋田八幡平クマ牧場が事故が起きたことで閉鎖、この事故は全国に知られ、多くの人が心を痛めていました。
施設閉鎖により、秋田県が主導してクマの受け入れ先を探していた中で北秋田市と秋田県が協議を行い、秋田県の出資で新しい施設を建設し北秋田市でクマを引き受ける事となりました。
新たなヒグマ舎は2014年に完成、そこに八幡平クマ牧場のクマを迎えてくまくま園としてリニューアルしました。

くまくま園とは

命の森、学ぶ森
くまくま園は、山に生かされ、クマと共存してきた「マタギ」文化を育む森吉山の豊かな自然の中で、クマとのふれあいを通して「ここだけ」の体験を提供するとともに、クマとの共存で造られてきた豊かな森や集落での楽しいエコツーリズム、環境学習、資料展示、「クマとヒトの共存」を目指す総合的な研究などを実践する場です。
訪れる人々に「生命の尊さ、大切さ」を感じていただき、自然と人と動物(クマ)をつなぐ場であることを目指しています。

園内のご案内

2020年園内マップ

【受付】
 入園券やツキノワグマのおやつを販売しています。

【つきのわ舎】
 えぞひぐま
 エゾヒグマの花子は映画「マタギ」に出演したゴン太のお嫁さん。
 1984生まれで、人間に換算すると100歳を超えるおばあちゃんです。

 中くま
 成獣のメスのツキノワグマ
 大人だけどかわいらしい、大人しめのくまたちです。
 絵本になったのりちゃんもここのグループです。

 大くま
 成獣のオスのツキノワグマ
 大きなくまたちがかわいくエサをおねだりします。
 じゃれあいも大迫力です!

 小くま
 幼獣(1才~3才)のオスとメスのツキノワグマ
 まだまだ子供で元気いっぱい。
 いつもいろんな遊びを試しています。

 こぐまの保育園
 0才のツキノワグマ
 元気いっぱいに広場を走り回りながら、愛らしい姿を見せてくれます。
 毎日11:00と14:00にお客様の前に出てきます。

【ひぐま舎】
 ひぐまの運動場
 ヒグマは数頭ずつ入れ替わりながら運動場で遊びます。
 大きくて大迫力のヒグマを見に行こう。

 くま通り
 「ひぐまの運動場」に面したガラスの通路です。
 すぐ目の前のプールで水遊びするヒグマは迫力満点です。

 日替わり展示室
 ガラス越しの展示室で小くまたちが日替わりで遊んでいます。

 教室・展示室
 教室と展示室では様々な催しが企画されます。
 展示室では常設展の「クマを知ろう展~クマと仲良く暮らすために~」が実施されています。

その他のご案内

  • フリーWi-Fiが使用できます(Akita Inu Free Wi-fi)
  • 個人でかつ商用目的でない撮影は自由に行えます(ただし他の来園者の見学を妨げる行為及びフラッシュやストロボ、定常光ライト等の光を発する機器の使用を禁止します)
  • ペットの連れ込みを禁止します
  • 施設内での喫煙を禁止します
  • ヒグマにはエサを与えないでください(エサが原因の闘争による事故防止にご協力ください)

Translate »